ゴキブリの対策

主な侵入口

ゴキブリは小さな隙間があれば侵入する事が出来ます。一旦入り込まれると、瞬く間に増殖を開始します。環境が良ければ、メスは一生で数百匹の子供を生みます。大切なのはまず侵入されない事です。以下は侵入口の主な場所になります。

換気扇
ただでさえ油でギトギトになりがちな換気扇、それが外と繋がっていると、ゴキブリにとっても格好の侵入口となります。
換気扇フィルター等のフィルターを貼り付けるようにしてください。

玄関
玄関の隙間に隠れていて、開け閉めの際に入り込んでしまうことがあります。玄関の周辺には、出来るだけ植え込みや隠れ家となる置物を置かないようにして下さい。


窓のから侵入すること事があります。隙間がある場合は、ゴムパッキンやパテ等でふさぐようにしてください。

排水口
ゴキブリにとって水は必要不可欠です。
調理場、洗面所、風呂場、トイレ等は絶好の侵入口や潜伏場所になります。
水の綺麗汚いはゴキブリには関係がありません。
生ゴミは、蓋のできるような容器に入れてください。
水気を拭き取り、乾燥させる事が重要です。

壁の穴
壁の穴は出来る限り塞いで下さい。
穴だけではなく、壁の割れ目やわずかな隙間、ヒビなどもパテ等で塞いで下さい。
空調機の配線口、排水用パイプの穴、インターネット回線用のLANケーブルやテレビ線の通す穴にも注意を払うようにしてください。

空調機の排気パイプ
空調機のパイプが床まで達している方はご注意ください。
そのパイプを伝ってゴキブリが侵入することがあります。
対策方法としては、管の先にストッキングなど目が細かく開いたものをかぶせるようにしましょう。
もしくは地面と設置しないように、少し浮かせる事も対策として有効です。

防止・対策方法

日本に生息するゴキブリの大半は、クロゴキブリかチャバネゴキブリのどちらかです。クロゴキブリは13mm、チャバネゴキブリは5mm前後の隙間を好みます。こうした幅の隙間を減らすことで、ゴキブリにとって居心地悪い環境を作ることが出来ます。ダンボールもゴキブリの住処となりやすいので、不必要なダンボールは破棄するようにしてください。

駆除をするには

ゴキブリ用ベイト剤(毒エサ)による駆除
まずは市販のゴキブリトラップを購入し、色々な場所に設置してください。水気の多い場所、暗い場所、暖かい場所などに設置します。以前にも見かけた場所があれば、必ず設置するようにしてください。調査用のトラップを 10日間 設置した後にトラップを確認をします。確認ができた場所がゴキブリの生息場所、移動経路になります。こうした場所を重点的に市販のゴキブリ用ベイト剤(毒エサ)を設置してください。

他薬剤による駆除
殺虫剤、煙剤の散布も有効な場合もあります。

発生が著しい場合は、専門業者にご依頼ください。

それでも駆除できない場合は・・・

施工店検索

あなたの周りにいるハエがどの種類なのかは・・・

環境衛生用語集

△ページトップへ戻る